お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ 詳細

バスク区間バス(ビルバオ発マドリッド/サン・セバスチャン行 中・長距離バス) by みゅう

観光全般 / 芸術&文化 / 市内観光

所要時間:ビルバオ~マドリッド:約4~5時間ビルバオ~サン・セバスチャン:約1時間30分

ツアー概要
マドリッドからバスク地方サン・セバスチャン、ビルバオまで行けるオススメの路線バス。バスク地方の主要都市を結んでいる便利で快適な路線バスのチケット(乗車券)です。予めチケットを購入しておけば、安心して旅を楽しむことができます。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年11月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

マドリッドからバスク地方サン・セバスチャン、ビルバオまで行けるオススメの路線バス。バスク地方の主要都市を結んでいる便利で快適な路線バスのチケット(乗車券)です。予めチケットを購入しておけば、安心して旅を楽しむことができます。

料金に含まれるもの

*詳しくはこの先の商品詳細ページをご覧ください。

注意事項

運行会社:ALSA※お申し込み時に、お客様全員のフルネーム(パスポート表記のアルファベット)とパスポート番号が必要となります。(注)ご旅行時点で有効なパスポートナンバーがない場合はお申込みいただけません。※お申し込みの期限はご利用日の10日前、且つご自宅ご出発前とさせていただきます。※運行時間、料金は予告なく変更になる可能性がございます。※当サイトで販売している料金には取扱手数料とバス会社の保険が含まれているため、実際の券面額とは異なります。※当サイトに掲載しているバスの画像は使用されているバスの一例であり、同じバスが手配されるとは限りません。※12歳以下のお子様が同行される場合は、お問い合わせ下さい。(13歳以上の方は大人としてお申し込み下さい。)※運行バスによりご予約の回答が乗車日の1ヶ月前以降となる場合があります。その場合は[みゅう]マドリッドよりご連絡いたします。

ツアーのお問い合わせ先

株式会社ミキ・ツーリスト

このツアーの運営・予約は[株式会社ミキ・ツーリスト]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[株式会社ミキ・ツーリスト]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

ヨーロッパ

フランス(214)

イタリア(195)

スペイン(188)

イギリス(158)

ドイツ(142)

スイス(126)

オーストリア(107)

チェコ(83)

クロアチア(78)

ハンガリー(47)

ポルトガル(42)

フィンランド(27)

オランダ(25)

アイスランド(20)

ノルウェー(17)

ギリシャ(16)

ルーマニア(14)

デンマーク(13)

ポーランド(12)

アイルランド(11)

スウェーデン(11)

スロバキア(10)

ベルギー(9)

ロシア(8)

ラトビア(7)

リトアニア(6)

エストニア(4)

スロベニア(4)

ブルガリア(3)

モナコ(2)

マルタ(1)

オセアニア アメリカ・カナダ アジア ハワイ ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

ヨーロッパ旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る