お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > タイ > バンコク 詳細

サラブリー&ロッブリー (バンコク発) by ホットホリデー

芸術&文化 / 歴史 / 市内観光

ツアー概要
6~11世紀のドヴァーラヴァティ時代に造られ、幾度も主を変えた文化と歴史の街ロッブリーと、隣接するサラブリーへ。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2016年08月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

サラブリーはバンコクから1時間30分程のところにあり、ロッブリーはサラブリー県からさらに30分程のところにある隣接した県です。ロッブリーは6~11世紀にかけて存在したドヴァーラヴァティ時代に造られました。その後、クメール王朝、スコータイ王朝、アユタヤー王朝の支配下に入り、それぞれの時代の文化・歴史が入り交じった街として今日に至っています。
コースは、サラブリーでは岩山の中腹に建てられた独特なお寺ワット・プラプタバート、ロッブリーでは猿の大群で有名な猿寺、3つのクメール式の仏塔を持つプラ・プラーン・サム・ヨート、クメール統治時代の12世紀の建物があるワット・プラ・シー・ラタナー・マハータート、東洋の建築様式と西洋の建築様式が見事に融合したプラ・ナーラーイ・ラーチャニウェート宮殿を1日で周ります。

料金に含まれるもの

*日本語ガイド
*お茶
*おしぼり
*昼食

注意事項

*ツアー代金全額は現地でのお支払い(現金のみ)になります。申し込み時にクレジットカード認証の為、小額(通常1ツアーに付きUS$1程度)を一旦カードに請求させていただきますが、後ほど取消しまたは返金させて頂きます。
*ホテルの位置や渋滞等により、ツアー時間に多少の変動があります。
*猿寺では猿のいたずらにご注意下さい。
*月曜日、火曜日及びタイ祝祭日はワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート及びプラ・ナラ―イ・ラーチャニウェート宮殿が休館となる為、ツアーの販売を中止させて頂きます。
*貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
*歩きやすい服装、足元でご参加下さい。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、株式会社フィンコ-ポレ-ション、ツアーアメリカ、H.I.S. International Tours Inc.、 株式会社マザーエンタテイメント、サルーンカーツーリスト、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、エグザクト・ツアー、PTNトラベル、Diving outlet Co.,Ltd、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、アエヴァツアーズ、HOLOHOLO ISLAND TOURS LLC、Jmax New York,Inc、アプラダイブマリン、セイロンサニ―ホリデイズ、上海旅悟空国际旅行社有限公司、ワールドコンパス、アイランドジャーニーグアム、シティーリムジンが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(290)

ベトナム(271)

韓国(265)

マレーシア(165)

インドネシア(160)

中国(158)

カンボジア(151)

台湾(122)

シンガポール(104)

香港(103)

フィリピン(88)

ミャンマー(62)

ラオス(48)

スリランカ(29)

マカオ(18)

インド(18)

ブルネイ(2)

オセアニア アメリカ・カナダ ヨーロッパ アジア ハワイ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る