お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > カンボジア > シェムリアップ 詳細

アンコール遺跡終日観光 by ホットホリデー

市内観光 / 日の出&日の入りツアー / 歴史

所要時間:約12時間

ツアー概要
アンコールトム、アンコールワット、プレーループで夕日鑑賞、ディナーショー!まずは1日定番観光で見所を押さえましょう。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

アンコール遺跡の見所を一日で効率よく巡ることができるツアーです。「大きな町」を意味するアンコールトムには観世音菩薩の尊顔が4面に刻まれる塔が林立しているバイヨン、世界創造神話をモチーフにした南大門、象の彫刻がいたるところに施されている象のテラス、「天上の宮殿」を意味するピミアナカスなど見所満載です。カンボジア料理のご昼食後、アンコール遺跡のメインであるアンコールワットにご案内いたします。回廊のレリーフや聳え立つ尖塔など2時間程度かけじっくりご観光頂きます。夕刻にはプレーループに上りアンコールの夕日をご覧頂きます丘上からは、アンコールワットが覗えます。観光後は無形文化遺産であるアプサラダンスのディナーショーをお楽しみ頂きます。

「1名で参加」料金で申し込むと、1名でも予約は確約されます。ツアー催行日当日に他にも参加者がいれば、「2名以上で参加」との差額を後ほど返金させて頂きます。

料金に含まれるもの

*シェムリアップ市内ホテルからの往復送迎
*車両代
*日本語ガイド
*昼食
*ディナーショー

注意事項

*「1名で参加」料金で申し込むと、1名でも予約は確約されます。ツアー催行日当日に他にも参加者がいれば、「2名以上で参加」との差額を後ほど返金させて頂きます。

*貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
*歩きやすい運動靴などでツアーにご参加ください。
*利用車両;人数に応じて変わります。
1-2名様;セダン(トヨタのカムリー等)
3-6名様;バン(トヨタのハイエース等)
基本的に混載でのご案内となっております
*レストラン;
昼食 ニューバイヨン または、 モイモイ (カンボジア料理)
夕食 アンコールモンディアル または アマゾンアンコール(ビュッフェとダンスショー)
のどちらかでご案内しております。
※レストランにつきましては、止むを得ない事情により変更となる
可能性もございますので、ご了承くださいませ。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、F.T.S. TURISMO LTDAが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(298)

ベトナム(282)

インドネシア(264)

韓国(224)

マレーシア(178)

中国(170)

カンボジア(157)

台湾(157)

香港(139)

フィリピン(108)

シンガポール(108)

ミャンマー(77)

ラオス(46)

マカオ(43)

スリランカ(30)

インド(23)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る