お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > カンボジア > シェムリアップ 詳細

アンコールワット・アンコールトム・タプローム・プノンバケン1日観光 [昼食付/日本語] by ホットホリデー

歴史 / 日の出&日の入りツアー / 自然

ツアー概要
アンコールトム、アンコールワット等アンコール遺跡を代表する観光地を巡る1日。格安料金でありながら、日本語ガイド付き。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

超格安 アンコールトム&タ・プローム半日ツアー(日本語)と超格安 アンコールワット&プノンバケン 半日ツアー(日本語)を組み合わせました。アンコール遺跡を代表する見所を1日で廻る人気ツアー。

【ツアーハイライト】
・アンコールトム(南大門、バイヨン寺院、象のテラス、バプーオン、プラサットスープラ、ライ王のテラス
・タケウ
・タプローム
・バンテアイクディ・スラスラン
・アンコールワット
・プノンバケン

料金に含まれるもの

* シェムリアップ市内ホテルからのバス送迎
* 日本語ガイド
* ランチ
* 夕食&ダンスショー(ディナーショー付きプランの場合)

注意事項

*特記がない限り2名様以上のご参加の場合の料金です。1名でのご参加の場合や大人1名+子供1名でのご参加の場合は、料金が変わる場合がございます。予めご了承ください。
*貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
*歩きやすい運動靴などでツアーにご参加ください。
*ツアー名「日本語観光クロマーバス」とありますが、ご参加人数に合わせて利用車両・車種は変更されます。
*アンコールワットにて、以前は閉鎖されておりました第3回廊が人数制限はありますが上ることができるようになりました。ただし仏教の日は閉鎖されており上ることができません。また露出の多い格好のお客様(キャミソール、ミニスカート、丈の短いパンツ)は上ることができません。TシャツはOKです。回廊に上るための待ち時間が長くなりすぎるとガイドが判断した場合は上らないこともございます。
・プノンバケン山の山頂の遺跡は入場制限が300人までと設けられており、人数に達していた場合は遺跡入場することができず、
特にハイシーズン(11月1日~3月31日)は混み合いますのでお登りいただけない場合がございます。
その場合は、担当ガイドより別の夕日鑑賞スポットをご案内させていただく場合がございますので、予めご了承くださいませ。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社JTB、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、グリンデルワルト日本語観光案内所、F.T.S. TURISMO LTDA、LION DMC INTERNATIONAL CO., LTD (寶獅旅行社)が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(285)

ベトナム(283)

インドネシア(263)

韓国(227)

台湾(193)

マレーシア(177)

カンボジア(159)

中国(156)

フィリピン(122)

香港(122)

シンガポール(105)

ミャンマー(77)

マカオ(49)

ラオス(46)

スリランカ(30)

インド(17)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る