お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > ベトナム > フエ 詳細

世界遺産 フエ市内観光1日ツアー by ホットホリデー

市内観光 / 歴史 / 芸術&文化

ツアー概要
ベトナム中部の古都フエに行くなら外せない?世界遺産・阮朝王宮や、歴代皇帝が建てた帝廟などを1日で巡る見ごたえ十分なツアー!

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

フエの王宮から、郊外の帝廟や寺をまわるフエハイライトツアー。
古都フエの郷愁漂う姿は、「賞賛すべき建築上のポエム」と称され、訪れる人々を魅了する。
ゆったりとした時間の中で、歴史を感じてみてはいかがでしょうか。
お申し込みいただいたグループの方だけの専用車(チャーター)でのプライベートツアー、または他の英語ツアーや日本語ツアー参加者と同じバスに乗車する安価なグループツアーがあります。ご予算、旅の目的に合わせてお選び下さい。

※プライベートカー利用プランはゴールデンウィーク期間中、お盆前後、年末年始は最少催行人数は大人4名となります。3名以下でもお申し込みいただけますが、大人4名の料金が掛かります。

料金に含まれるもの

* 日本語ガイド
* 入場料
* 現地移動費(車・ボート)
* 昼食
*ホテルからの送迎

注意事項

* こちらのツアーにご参加の際は、予めTNKトラベル社の旅行約款をご覧いただき、内容にご了承いただけますようお願いいたします。また、TNKトラベル社では安全に、かつ安心してツアーにご参加いただけるよう十分に配慮をしておりますが、万一の事故、予期せぬ病気や盗難に備え、必ずお客様ご自身でも海外旅行傷害保険にご加入の上、ツアーにご参加くださいますようお願いいたします。
* ツアーの際は動きやすい格好でご参加下さい
* 乗り物酔いをしやすい方は、事前に酔い止めをお飲み下さい
* 貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
* 昼食時のドリンク代は料金に含まれておりません。
* フエの中心地にて解散となります。
* 天候などの理由でツアーがキャンセルになった場合、ツアーの変更、または日程の変更となります。お客様のご都合により、変更が
出来ない場合、50%の料金が返金となります。予めご了承ください。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(319)

インドネシア(290)

韓国(277)

ベトナム(273)

中国(207)

マレーシア(168)

カンボジア(157)

台湾(138)

香港(135)

シンガポール(108)

フィリピン(103)

ミャンマー(66)

マカオ(46)

ラオス(46)

スリランカ(30)

インド(12)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ アジア ハワイ グアム・サイパン・リゾート ヨーロッパ 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る