お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > フィリピン > セブ 詳細

セブ島の海でダイビングを始めよう!PADIオープンウォーターコース2日間 by ホットホリデー

自然 / ウォーターレクリエーション / ウォータースポーツ

ツアー概要
ボートで楽々エントリー!セブの海でダイビングを始めよう!

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

ダイビングのCカードは取得したいけど、体力的に重たい器材を持つことに不安を持っている女性の方、ご年配の方にも、ボートダイビングで、器材を背負っての移動が少ないので安心してご参加できます。
ファンダイビングも楽しめるポイントで行うので、魚も沢山みられますし、ドロップオフもあるので中性浮力の練習にも適しています。
少人数での講習で、のんびり、お客様のペースで行うことも可能です。 2日間とも午後が空きますのでのんびり楽に講習を行うことが可能です。
お1人からでも参加できますので素晴らしいセブの海で是非Cカードを取得してください。
日本で学科を受講された方は、トランスファーコース(学科免除)もあります!

料金に含まれるもの

* マクタン島内主要ホテル送迎
* ログブック(※限定/海洋実習のみの方は含まれません)
* 全器材レンタル
* ドリンク

注意事項

* 貴重品はショップのセーフティボックスにお預け可能です。ショップ内にお客様用のロッカーを用意してありますが、貴重品は入れないようにしてください。万一ツアー参加中に盗難や置き忘れ等のいかなる理由によって紛失された場合でも一切の責任を負いかねます。
* 水着はあらかじめ着用してツアーにご参加下さい。
* ダイビングは現在の健康状態および過去の病歴によってはご参加いただけない場合がございます。
* ダイビング後の高所への移動(飛行機への搭乗含む)は注意が必要です。ダイビング後海抜300m以上の高所への移動する場合は、単一ダイビング(前のダイビングから6時間より多い時間が経過した後の1回だけのダイビング)の場合は最低12時間、反復ダイビングや複数日に渡ってのダイビングを行った場合は、最低18時間以上あけるようガイドラインが設けられています。
* ショップのシャワールームは温水シャワーが完備されています。外にも真水のシャワーがございますのでどちらでもご自由にお使いください。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(319)

インドネシア(290)

韓国(277)

ベトナム(273)

中国(207)

マレーシア(168)

カンボジア(157)

台湾(138)

香港(135)

シンガポール(108)

フィリピン(103)

ミャンマー(66)

ラオス(46)

マカオ(46)

スリランカ(30)

インド(12)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ アジア ハワイ ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る