お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > ベトナム > ホーチミン 詳細

ミトー・メコン川ナイトクルーズ[ホテル送迎付] by ホットホリデー

ナイトツアー / ウォーターレクリエーション / 自然

所要時間:約8時間

ツアー概要
ホテル送迎付なので安心、ホーチミン郊外観光ツアーで一番人気の「メコン川クルーズ」。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

まずは、ホーチミン郊外観光ツアーで一番人気の「メコン川クルーズ」を、日没後は静寂の中、心地よい風を受けながらのクルーズをお楽しみください。夜のミトーでは、メコン川沿いの木々がホタルの放つやさしい光によって、まるでイルミネーションで飾られたクリスマスツリーのようにみえる幻想的な様子をご覧いただくことができるかも!

料金に含まれるもの

*ホーチミン市内ホテルからの送迎
*日本語ガイド

注意事項

*こちらのツアーはお申し込み時にツアー代金の一部を予約金としてホットホリデーにお支払いいただきます。残金は現地にてお支払いいただきます。現地支払額はバウチャーに明記されますので、事前にご確認ください。
【お支払方法】
現金(USD,VND,JPY)とクレジットカード各種よりお選びいただけます。但し、JPYは換算レートがあまり良くないのでお勧め致しません。
※クレジットカードは以下の手数料がかかります。
Visa、Master、JCBカード:2.6%
Amexカードはご利用頂けません。
※※クレジットカードでの決済ご希望の場合は事前にお知らせください。※※
現地催行会社事務所に一旦立ち寄る必要がございます。

*貴重品はお客様ご自身で管理ください。下車観光中、車内に貴重品は置かないようお願いします。
*歩きやすい服装・靴でご参加ください。
*乾季の初め(12月中旬~1月)は日没後涼しくなりますので、長袖(薄手)をお持ちになるほうがよいです。
*雨季の時期(5~12月上旬)は、折りたたみの傘をお持ちになるほうがよいです(簡易合羽はご用意しております)。
*気になる方は虫よけの薬をお持ちください。
*観光箇所の関係上、ご夕食時間が17時00分頃からと早めに設定されています。
*ナイトクルーズ開始時間は時期によって多少前後することがございます。
*ご夕食後、日没までご休憩のお時間をお取りいたします。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、F.T.S. TURISMO LTDAが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(298)

ベトナム(282)

インドネシア(264)

韓国(224)

マレーシア(178)

中国(170)

カンボジア(157)

台湾(157)

香港(139)

フィリピン(108)

シンガポール(108)

ミャンマー(77)

ラオス(46)

マカオ(43)

スリランカ(30)

インド(23)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る