お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > ヨーロッパ > オーストリア > ザルツブルク 詳細

ザルツブルグ市内徒歩観光&ザルツカンマーグート 日本語ガイド付き 【期間限定4月~10月】 by ホットホリデー

市内観光 / 歴史 / 自然

所要時間:約6時間

ツアー概要
モーツアルトの生誕地であり、サウンドオブミュージックの舞台となった街ザルツブルグを日本語ガイドの案内で徒歩観光&山と湖が美しいザルツカンマーグートの観光ツアー

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

まずは日本語ガイドがご案内するザルツブルグの半日ウォーキングツアーへ。ミラベル広場から出発し、ミラベル宮殿と庭園、マカルト広場(モーツァルト住居外観)、カラヤン生家、ゲトライデガッセ、大学広場、祝祭劇場、大聖堂広場、レジデンツ広場、モーツァルト生家(入場)など、新市街と旧市街の見所を巡ります。徒歩観光なので、各場所を身近に観光でき、また地理を把握するにも最適です。
その後、オーストリアの最も風光明媚な湖水地方、映画「サウンドオブミュージック」の舞台としても有名なザルツカンマーグートへ向かいます。2000m級の山を背後に、大小多くの湖が点在する美しい高原風景をお楽しみください。ツアーでは湖畔に古城が建つフッシュル湖、ヴォルフガング湖、クロッテン湖、モント湖、その近くにあるサウンド・オブ・ミュージックの結婚式の教会、オーストリア最高のゴシック祭壇などを訪れます。5月~10月は定期船クルーズが含まれます。日本語ガイド付きなので何かと安心。

料金に含まれるもの

*日本語ガイド
*モーツァルト生家入場料
*定期船料(5-10月のみ)

注意事項

*出発時間の10分前には集合場所にお越しください。
*貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
*歩きやすい運動靴などでツアーにご参加ください。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、グリンデルワルト日本語観光案内所、F.T.S. TURISMO LTDA、LION DMC INTERNATIONAL CO., LTD (寶獅旅行社)が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

ヨーロッパ

イタリア(296)

スペイン(288)

フランス(270)

ドイツ(224)

スイス(220)

イギリス(199)

オーストリア(169)

チェコ(94)

クロアチア(83)

ポルトガル(63)

ハンガリー(57)

フィンランド(33)

アイスランド(21)

オランダ(19)

ギリシャ(16)

アイルランド(14)

ルーマニア(14)

ベルギー(12)

デンマーク(10)

スウェーデン(10)

ポーランド(9)

スロバキア(8)

ラトビア(6)

ノルウェー(5)

エストニア(5)

リトアニア(5)

ブルガリア(3)

スロベニア(3)

モナコ(2)

ロシア(1)

サンマリノ(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

ヨーロッパ旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る