お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > 香港 > 香港 詳細

モーニング香港 ビクトリアピークとマダムタッソー (ピークトラム優先レーン付き) by ホットホリデー

市内観光 / 列車観光 / 観光全般

所要時間:2時間

ツアー概要
リピーター向け!優先レーン付きピークトラム、東洋一の眺めとマダムタッソー!

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

文武廟の観光を楽しんだ後は、香港名物ピークトラムにご乗車頂き、ビクトリアピーク(スカイテラス展望台)から東洋一の眺めを満喫して頂きます。ピークトラムを利用して、山頂へ!スカイテラスからの絶景とマダムタッソーをお楽しみください。あとは、自由。お帰りのトラムチケットをご用意しています。
香港には何度も来ているけど、一度はピークに行っておきたいって思う方にお勧めのプラン。込み合うときには、2時間は並ぶというピークトラムも優先レーンで大助かり!(お戻りの際には、優先レーンはありません。)

【ここがお薦め!】
1.大人気のピークトラムは、大混雑。でも大丈夫!ツアーに参加で、優先乗車!大行列を横目に見ながらスムーズな乗車をいただけます。時間を有効に使えてお勧めです。
2.香港のスカイラインはやはり、ビクトリアピークからの眺めが最高!晴れていれば遠く深?方面までご覧いただけます。(このプランでは、スカイテラスからの景色が楽しめます)
3.ピークを楽しもう、マダムタッソーの入場券付き。山頂で自由解散しますので、あとは思いのまま。ピークでのランチもお薦め。

料金に含まれるもの

* 日本語ガイド
* 往復ピークトラム乗車券
* ピークトラム(片道)優先乗車
* マダムタッソーの入場券

注意事項

* 貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
* 歩きやすい運動靴などでツアーにご参加ください。
* ピークトラムの優先レーンは上りのみです。下りにはその設定がございませんので、お並び頂くこともあります。
* ガイドはピーク山頂到着までのご案内となります。ビクトリアピーク到着後より、自由解散です。スカイテラス、マダムタッソー、山頂からのピークトラムは御客様ご自身での観光となります。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、H.I.S. Australia Pty Ltdが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

インドネシア(332)

タイ(319)

ベトナム(289)

韓国(267)

中国(181)

マレーシア(177)

カンボジア(162)

台湾(153)

香港(145)

シンガポール(108)

フィリピン(103)

ミャンマー(72)

マカオ(50)

ラオス(46)

スリランカ(30)

インド(24)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る