お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > 韓国 > ソウル 詳細

ソウル市内観光1日ツアー by ホットホリデー

市内観光 / 歴史 / おすすめツアー

所要時間:約8時間

ツアー概要
一日ソウル観光を満喫しよう!

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

ソウル市内の見所を1日で巡る市内観光ツアー。

主な見所は;
・大統領官邸の青瓦台(チョンワデ)
・景福宮(キョンボックン):1395年(太祖4年)に朝鮮を建国した李成桂(イ・ソンゲ)によって創建された宮殿です。
景福宮の中に位置した民俗博物館は、三国時代から朝鮮時代にいたる様々な生活の姿や文化などを観光客にもわかりやすく楽しく展示しています。
・紫水晶工場を見学
・北岳展望台の「八角亭」:北岳展望台からソウル市内の絶景を満喫していただけます。
・ソウルの故宮の一つである昌徳宮(チャンドックン):1405年に正宮であった景福宮の離宮として建造された宮殿です。昌徳宮は1997年にはユネスコ世界文化遺産にも登録されました。
・文化の街・仁寺洞(インサドン):ソウル市民も大好きな文化スポットで人もたくさん。伝統的な雰囲気のある通りをお土産ショッピングやアートを楽しみながら行き交いしています。
・600年の歴史を誇るソウル最古の市場・南大門市場:ここではキムチ・海苔・高麗人参・松茸・眼鏡・カバン・子供服などのショッピングが楽しめます。迷路のような市場には、知られていないアイテムも隠れていますよ。ごちゃごちゃっとした食堂に入ってみるのも南大門市場での楽しみ方です。

ランチは石焼きビビンバです。

料金に含まれるもの

*送迎
*日本語ガイド
*各入場料
*昼食

注意事項

*ツアー代金全額は現地でのお支払い(現金のみ)になります。申し込み時にクレジットカード認証のみ取らせていただきます。
*現地払いは韓国ウォンの現金のみで対応しております。
*毎週火曜日は景福宮がお休みになるため 、徳寿宮に変更になります。
*毎週月曜日は昌徳宮がお休みになるため 、宗廟のご案内になります。
*天災地変、又はその他の事情によりツアーの変更、又は中止される場合があります。
*一部のホテルは送迎サービスが出来ませんので、ご了承お願いします。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(319)

インドネシア(290)

韓国(277)

ベトナム(273)

中国(207)

マレーシア(168)

カンボジア(157)

台湾(138)

香港(135)

シンガポール(108)

フィリピン(103)

ミャンマー(66)

ラオス(46)

マカオ(46)

スリランカ(30)

インド(12)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ アジア ハワイ ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る