お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > タイ > バンコク 詳細

映画「戦場にかける橋」の舞台! カンチャナブリ 泰麺鉄道に乗ろう!! by ホットホリデー

自然 / 列車観光 / 歴史

ツアー概要
映画『戦場にかける橋』の舞台になった鉄橋を散策付きです。泰麺鉄道では指定席を利用します。渓谷の景観は素晴らしいですよ。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

バンコク現地発、人気の日本語定期観光のコースのひとつ。カンチャナブリ観光ツアーへ向け、日本語ガイドがご案内。パンダオリジナルコースで船に乗船し、下から鉄橋を眺めたり、第二次世界大戦博物館にもご案内。「戦場にかける橋」は徒歩で散策できます。また、渓谷の景観も素晴らしく、自然に囲まれた中でのお食事をご用意いたしております。映画『戦場にかける橋』を訪ねて悲劇の歴史と現在の豊かな自然を存分に味わいます。列車は指定席をご利用するので安心。特製のおしぼり付きで、気分もすっきりですね!

ココがポイント!
(1)バンコク市内主要箇所まではお迎えに上がるので安心!
集合場所まで行くのが面倒、行けるか不安、そんな方も安心です!06:15-07:10の間にバンコク市内各主要ホテルへ、日本語ガイド、もしくは、ドライバーがお迎えにあがります。一部不可なエリアもございますが、その際は、事前にお知らせいたします。
(2)泰麺鉄道は指定席をご用意、スナック、飲み物付き!
当コースの目玉の1つでもある泰麺鉄道は、勿論指定席をご用意いたします。スナックと飲み物がついておりますので、川、渓谷、断崖絶壁などの景観をご覧頂ながら、一緒にお楽しみください。また、2011年10月1日以降はターキレン駅から乗車します。戦場に架ける橋を走る列車の姿をご覧いただけますし、途中駅からの乗車ではありますが、約30分と長すぎずお楽しみいただけます。
(3)船上から鉄橋を眺めるプランはパンダオリジナル!
スピードボートに乗って、戦場に掛ける橋を船上からご覧頂きます!渡るだけではなく、見上げるのはパンダバスオリジナルのプランです!

料金に含まれるもの

* バンコク市内主要ホテルからのバスお迎え
* 日本語ガイド、混乗車
* 各観光地の入場料、泰麺鉄道代金
* ご昼食

注意事項

ボートにご乗船頂きます。タイでは定員が12名未満のサイズのボートには保険未加入でも合法です。ご乗船頂くボートは8名乗りが一般的であり、保険が掛けられておりませんが、予め、ご了承ください。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社JTB、Guide to Iceland ehf.、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、グリンデルワルト日本語観光案内所が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(285)

ベトナム(283)

インドネシア(263)

韓国(227)

台湾(193)

マレーシア(177)

カンボジア(159)

中国(156)

フィリピン(122)

香港(122)

シンガポール(105)

ミャンマー(77)

マカオ(49)

ラオス(46)

スリランカ(30)

インド(17)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る