お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > インド > デリー/ニューデリー 詳細

時間のない方にもおすすめ!デリー半日市内観光(昼食なし) by ホットホリデー

市内観光 / おすすめツアー / 歴史

所要時間:約3~3.5時間

ツアー概要
時間のない方におすすめ!半日で3ヶ所の世界遺産をめぐります!

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

デリーにある3つの世界遺産を中心にご案内いたします。午前からの半日のツアーなので、午後は自由行動できます。
デリーであまり時間のない方、午後は自由行動したいという方にオススメです!

ムガル朝第2代皇帝のフマユーン廟は、そのおく先が1565年に建造したもの。タージ・マハルに比べれば小さいが、イスラーム建築の傑作とされて、建物内の中央に置かれた白大理石は仮の遺体はこの真下に安置されている。1993年に世界遺産に登録されました。

クトゥブ・ミナールは、基部の直径14.5m、5層のうち下3層は赤砂岩、その上は大理石と砂岩で築かれ、コーランの文句を図案化した彫刻が外壁に刻まれています。1993年に世界遺産に登録されました。

高さ42mのインド門は、第一次世界大戦で戦死したインド兵士の慰霊碑で、壁面には戦没者1万3500人の名前が刻まれています。また、門下には、24時間365日追悼の意を込めて火が焚かれてます。


【クトゥブミナールと、フマユーン廟でのガイドについて】
インドの規定によりクトゥブミナールと、フマユーン廟に日本語ガイドが入場できなくなる場合がございます。その場合は日本語ガイドはクトゥブミナールと、フマユーン廟の入り口まで同行し入口の所でモニュメントの説明をいたします。そのあと、お客様のみで中に入っていただき観光をしていただきます。予めご了承ください。

料金に含まれるもの

*日本語ガイド
*ニューデリー市内主要ホテルからの送迎
*専用車(エアコン付き)の利用
※お盆、シルバーウィーク、年末年始など繁忙期はホットホリデーからお申込みの他のお客様と混載になる場合がございます。
*入場料

注意事項

*貴重品を預ける所はございません。予めホテルのセーフティーボックスにお預けください。
*歩きやすい運動靴などでツアーにご参加ください。
*現地会社は土日祝日はお休みとなります。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、F.T.S. TURISMO LTDAが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(298)

ベトナム(282)

インドネシア(264)

韓国(224)

マレーシア(178)

中国(170)

カンボジア(157)

台湾(157)

香港(139)

フィリピン(108)

シンガポール(108)

ミャンマー(77)

ラオス(46)

マカオ(43)

スリランカ(30)

インド(23)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る