お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > オセアニア > オーストラリア > ケアンズ 詳細

リーフクエスト号で行く グレートバリアリーフ [1日最大3本のダイビングまたはスノーケリング] by ホットホリデー

自然 / ウォーターレクリエーション / ウォータースポーツ

所要時間:約8.5時間

ツアー概要
新しく快適なボート、リーフクエスト号で行くグレートバリアリーフの1日。1日2か所のリーフを訪れるので2度満足!

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

2015年12月に就航した新しく快適なボート、リーフクエスト号で行くグレートバリアリーフの1日。ノーマンリーフ、サクソンリーフ、ヘイスティングリーフの中から1日2か所のリーフを訪れ、スノーケリングや3本までの体験ダイビング(初心者や初めての方向け)、またはファンダイビング(ライセンス所持の認定ダイバー向け)を楽しめます。
大陸から約70km離れたアウターリーフで、色とりどりのサンゴやニモ(クマノミ)、ウミガメ、サメ、ナポレオンフィッシュ、エイなどのトロピカルフィッシュと戯れることが出来ます。

新リーフクエスト号の最大定員は150名ですが、最大80名に限定して運行。サンデッキ、シャワー室も大幅に広くなり、船内ではゆっくりと快適にお過ごしいただけます。ケアンズでも最速を誇る船だからこそ、リーフでの滞在時間がこれまで以上に長くなり、充実の1日を過ごせます。

※ファンダイビングの水中ガイドは含まれておりません。ご希望の場合は、オプションから追加してください。

料金に含まれるもの

* クルーズ代
* 約4時間のリーフ滞在
* 紅茶/コーヒーのサービス
* ビュッフェランチ
* スノーケリング器具貸し出し(度付きマスクあり)
* スノーケリングガイド
* 体験ダイビングまたは器材込みの場合- BCD、レギュレーター、ダイビングコンピューター、マスク、スノーケル、フルフットフィン、5mm半袖、半ズボンタイプのウェットスーツのレンタル
* ファンダイビングには水中ガイドは含まれておりませんので、ご希望の方はオプションから追加してください。

注意事項

* ダイビングは現在の健康状態や過去の病歴によってはご参加いただけない場合がございます。
* ダイビング後、当日または18時間以内に飛行機やスカイダイビング、熱気球など高所(海抜300m以上)に移動する予定のある方は健康上ご予約は避けてください。(減圧症のリスクを避けるため)
弊社でご予約を承ることはできませんので予めご了承ください。
* こちらのツアーは船上などでは日本人インストラクターが乗船しておりますので、説明は日本語で受けることができます。ただし水中でのアクティビティ中は外国人インストラクターになる場合がございます。
*行き先はノーマンリーフ、サクソンリーフ、ヘイスティングリーフエリアの20箇所以上のダイビングポイントから、当日船長が決定します。事前の確約は出来ませんので予めご了承下さい。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、グリンデルワルト日本語観光案内所、F.T.S. TURISMO LTDAが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

オセアニア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る