お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > 台湾 > 台北 詳細

高雄日帰り観光(往復新幹線) by ホットホリデー

市内観光 / 列車観光 / 芸術&文化

ツアー概要
新幹線で行く、高雄日帰り観光。蓮池潭、寿山公園、澄清湖などの見所を回ります。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年05月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

台北から新幹線で片道90分。台湾南部、台北に次ぐ都市、高雄も十分日帰り圏内となりました。
高雄は市内に貿易港を抱え、上海や香港といった趣です。この高雄の市内観光として、四重の塔「春秋閣」と七重の塔「龍虎塔」で有名な蓮池潭や、高雄市内と港が一望できる寿山公園、九つの曲がり角がある九曲橋や中華様式の塔の景観が美しい澄清湖などをお楽しみいただきます。

参加人数が多いほど、1名当りの料金が割安になります。参加人数が2名だとタクシー、3~6名だとマイクロバス、7名以上で20人乗りバスを利用し、プライベートガイドがご案内いたします。

料金に含まれるもの

*台北市内主要ホテルへの送迎
*専用車利用
*日本語ガイド
*往復の新幹線料金
*ランチ

注意事項

*こちらのツアーは、予約確定時にツアー代金の一部を前金としてお預かりし、残金は現地で参加時にお支払いいただきます。現地にて残金の支払いにクレジットカードをご利用の場合は、カード手数料が2%掛かりますので予めご了承ください。
*新幹線チケット手配の関係で予約確定はご参加日の28日前以降になります。29日前以前でもお申込みいただけますが、28日前になるまでは保留とさせていただきます。
*参加人数が多いほど、1名当りの料金が割安になります。
*貴重品を預けるところはございません、予めホテルのセーフティーボックスにお預けになられることをお勧めいたします。
*歩きやすい服装・足元でご参加ください。
*専用車によるツアーになります。混載はございませんので、お申し込み頂いたグループだけでの観光が可能です。
*こちらのツアーでは七重の塔「龍虎塔」を見学します。四重の塔「春秋閣」へは訪問しませんがリクエストがあれば両方訪問できます。

[キャンセル規定]
ご参加日から起算して
28日前以降:ツアー代金全額
※28日前以降にお申し込みの場合は、お申し込みと同時にキャンセル料が100%発生します。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(319)

インドネシア(290)

韓国(277)

ベトナム(273)

中国(207)

マレーシア(168)

カンボジア(157)

台湾(138)

香港(135)

シンガポール(108)

フィリピン(103)

ミャンマー(66)

ラオス(46)

マカオ(46)

スリランカ(30)

インド(12)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ アジア ハワイ ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る