お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アフリカ > ケニア > ナイロビ 詳細

ナイロビ発 マサイマラ国立保護区でサファリキャンプ 2泊3日の旅(英語混載ツアー) by ホットホリデー

4WDツアー / アドベンチャー / 自然

所要時間:3日間

ツアー概要
生息する種類や個体数の豊富さでケニア随一とも言える動物の楽園マサイマラ国立保護区でサファリ三昧!、

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2016年08月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

アフリカのケニアにあるマサイマラ国立保護区を訪れる2泊3日のサファリキャンプツアー!
英語ドライバ-ガイドによる混載ツアーなのでツアー料金もお手頃です。
ツアー初日はナイロビ市内より朝8:30頃出発、途中アフリカ大陸を南北に縦断する巨大な大地の裂け目、グレートリフトバレー(大地溝帯)のビューポイントを通りマサイマラへと向かいます。キャンプ場到着後昼食、午後のゲームドライブまでしばらく休憩時間もございます。
ゲームの舞台となるマサイマラ国立保護区は、ケニアのみならずアフリカを代表するサファリの”メッカ”として世界的に有名な動物王国です。
草原や疎林帯、沼沢地、大小の河川、丘陵、断層崖などの変化にとんだ地形と植生が特徴的で、野生動物の種類、数ともにケニアNo.1を誇ります。
マサイジラフやバッファローにエランド、インパラ、シマウマ、ガゼル、たくさんの動物との出逢いが待っています。
宿泊はマットレス付きベッドやホットシャワー・トイレ完備のエンスイートテント利用で安心!
ただしここは大自然のアフリカ、お湯には限りがありますのでご了承ください。
2日目は終日マサイマラ国立保護区のサファリゲームドライブを満喫していただきます!
3日目は早朝からゲームドライブへ出発、一度キャンプ場へ戻り朝食、その後ナイロビ市内に向けて帰路へ。16:00頃ナイロビ市内到着予定、市内にてツアー終了解散。

料金に含まれるもの

*英語ドライバーガイド
*ゲームドライブ
*2泊のキャンプ代(テント泊)
*ミニバン(他のお客様と混載車となります)
*各朝食、昼食、夕食
*国立保護区入場料・車両通行料
*空港またはナイロビ市内主要ホテルへのお迎え(片道のみ)
※空港へのお迎えはナイロビ到着時のピックアップのみ無料となります、ツアー終了後お帰りのお送りはございません、ご希望の場合別途料金にて手配可能ですのでお問い合わせください。

注意事項

【ケニア入国について】
*ケニア入国には観光ビザが必要となります。(パスポート残存期間入国時6ヵ月以上必要、白紙が3ページ以上残っていること)
2015年9月以降はケニア到着後に空港での取得ができなくなりました。オンラインでの取得が可能となりましたので、入国前に各自で事前にご用意ください。弊社ではビザに関して一切の責任は負いかねます。ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがございますので、必ず大使館、領事館にて最新情報をご確認の上ご準備くださいますようお願い申し上げます。

【感染症について】
1) 黄熱病
ケニアに入国する際に、唯一の予防接種義務は、黄熱病です。今でも流行している中南米諸国や、中部西部アフリカの黄熱リスク国から、ケニアに入国する1歳を超える旅行者に対する黄熱病の予防接種が必要となります。 また、ケニアは、WHOにより黄熱リスク国に指定されています(2008年2月現在)。そのため、ケニアからの訪問者に黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)を要求する国もありますので、経由地などによっては注意が必要です。日本からの経由地の場合、ヨーロッパ、中東など多くの国では必要とされていませんが、タイのバンコク経由の場合には、必要となりますので、ご注意ください。
最近、ケニア近隣諸国への出入国に際して、黄熱ワクチン証明書(通称イエローカード)携行のチェックが厳しくなっております。特に南アフリカ共和国ではWHOの黄熱汚染認定国であるケニアからの入国者が、イエローカードを提示できないため、入国拒否となった例が続出しています(以前は空港クリニックで接種することにより入国可能でしたが、現在は認められていません)。
また、黄熱汚染認定国であるケニアからいったん出国した場合、行き先がたとえ欧州でも、ケニアに再入国する際にナイロビ国際空港でイエローカードの提示を求められることがあります。
なお、こうしたことはケニアおよびアフリカ諸国で黄熱が流行していることを意味するものではありません。④また、他の黄熱汚染認定国を通らずに、日本とケニアを往復する短期の出張者・旅行者については、イエローカードは不要です。日本~ケニア間の経由地が黄熱汚染認定国に指定されているかは事前に大使館等でご確認ください。
イエローカード携行の必要性については、在ケニア日本国大使館や厚生労働省検疫所のホームページにて、常に最新の情報をお確かめください。
2) マラリア
ケニアはWHO(世界保健機構)によりマラリアの汚染地域に指定されていますが、マサイ・マラなどの高地では発生率は低いとされています。予防内服薬に関しては、必ず医師にご相談ください。
一般対策としては、蚊に刺されないために
虫除けスプレーを利用する。
屋外にいる時、特に夕方~夜にかけては肌の露出を避けるため長袖シャツ、長ズボンを着用する。
無香料の化粧品を使用する。
などが挙げられます。
ケニアには、マラリアを媒介するハマダラ蚊が生息しています。この蚊の活動時間は夕方のみですので、その時間帯には長袖を着用、虫除けスプレー、蚊取り線香などをご利用いただき、刺されるのを防止していただくのと同時に、抗マラリア薬の摂取を強くお勧めします。マラリアには、有効な予防接種はありません
上記はあくまで今現在の情報です。予告なく変更となる場合もございますので、最新情報につきましては随時下記大使館や厚生労働省等のサイトにてご確認いただき、お医者様とご相談の上、事前に必要な予防接種やお薬の準備をお願い致します。


【ツアー代金につきまして】
お申し込み時に手配完了の可否に関わらずツアー代金全額を登録のクレジットカードへご請求させていただきます。弊社が定めるレートにて日本円またはオーストラリアドルに換算した金額でご請求となります。
万一、満席、不催行、最少催行人数未満、その他の理由により予約手配が完了できない場合は、同クレジットカードに全額返金させていただきます。ただし返金に伴う為替差損益については、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承くださいませ。

【最少催行人数につきまして】
本ツアーの最少催行人数は2名様となります。
1名様でご参加希望の場合はお問い合わせください。
ご希望のお日にちに他の参加者がいらっしゃれば同料金でお申し込み可能です。
もしいらっしゃらない場合は、他のお日にちで催行が決定されている日をお調べするか、
もしくはプライベートツアーの料金をご案内させていただくこととなります。予めご了承ください。
1名でお申し込みの場合は、テントは他の方との相部屋になります。追加料金で1名使用も可能です。ご希望の場合は料金をお問い合わせください。

【旅行保険について】
ツアーの特性上、予想外の病気や事故、盗難に遭いかねません。日本からご旅行されるお客様に関しては万が一の事故やトラブルに備え、日本出発からご帰国まで十分な補償が提供される海外旅行傷害保険へご出発前にご加入されますよう強くお願い申しあげます。弊社では海外旅行傷害保険の代理手配は行っておりませんので、お客様ご自身にてお申込みください。弊社では一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

【その他】
*ナイロビまでの航空券は弊社ではお取り扱いしておりません。各航空会社や他の旅行会社などで各自ご購入ください。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、株式会社フィンコ-ポレ-ション、ツアーアメリカ、H.I.S. International Tours Inc.、 株式会社マザーエンタテイメント、サルーンカーツーリスト、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、エグザクト・ツアー、PTNトラベル、Diving outlet Co.,Ltd、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、アエヴァツアーズ、HOLOHOLO ISLAND TOURS LLC、Jmax New York,Inc、アプラダイブマリン、セイロンサニ―ホリデイズ、上海旅悟空国际旅行社有限公司、ワールドコンパス、アイランドジャーニーグアム、シティーリムジンが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アフリカ旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る