お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > グアム・サイパン・リゾート > パラオ > ベラウ 詳細

パラオ体験ダイビング半日ツアー 近場でお手軽 by ホットホリデー

ウォータースポーツ / ウォーターレクリエーション / 自然

所要時間:3.5時間

ツアー概要
アクアマジックのショップ前の専用ビーチにて、お手軽1ダイブ体験ダイビング。無人島体験ダイビングのポイントより、サンゴ、魚の種類も多く楽しめます。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2016年08月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

アクアマジックのショップ前の専用ビーチにて、お手軽1ダイブ体験ダイビング。無人島体験ダイビングのポイントより、サンゴ、魚の種類も多く楽しめます。真っ白な砂のビーチには、「リップタイド」バーが併設しており、ダイビング後に海を見ながら、カクテルや軽食も楽しめます。

【2014年上期ハイシーズン】
4/26-5/5、8/10-8/15、9/13-9/23

料金に含まれるもの

* コロール市内およびリゾートエリアからのホテル送迎
* インストラクター
* ビーチ体験ダイビング1本
* 全器材レンタル
* ドリンク

注意事項

* ダイビングの経験は必要ありません。
10歳以上の健康な方がご参加頂けます。

* 参加に際して、自己チェックの為の病歴書をプリントアウトして記入、署名の上現地スタッフにお渡しください。病歴書に該当事項がある方は、医師による「ダイビングをしても問題ない」という同意が入った診断書が参加日当日までに必要になります。医師の同意がもらえない場合は、参加できませんのでご了承ください。
* 水着はあらかじめ着用してツアーにご参加ください。
* 移動中、風で寒く感じることがあるのでボートコートやウィンドブレーカーがあるとさらに快適です。
* ダイビング後の高所への移動(飛行機への搭乗含む)は注意が必要です。ダイビング後海抜300m以上の高所への移動する場合は、単一ダイビング(前のダイビングから6時間より多い時間が経過した後の1回だけのダイビング)の場合は最低12時間、反復ダイビングや複数日に渡ってのダイビングを行った場合は、最低18時間以上あけるようガイドラインが設けられています。また、減圧停止を必要とするダイビングをした場合は18時間より更に長い時間をあけることが推奨されています。
* 貴重品を預ける場所はございません。予めホテルのセーフティボックスに預けてからご参加ください。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、株式会社フィンコ-ポレ-ション、ツアーアメリカ、H.I.S. International Tours Inc.、 株式会社マザーエンタテイメント、サルーンカーツーリスト、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、エグザクト・ツアー、PTNトラベル、Diving outlet Co.,Ltd、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、アエヴァツアーズ、HOLOHOLO ISLAND TOURS LLC、Jmax New York,Inc、アプラダイブマリン、セイロンサニ―ホリデイズ、Carp Streamer, Inc.、上海旅悟空国际旅行社有限公司、ワールドコンパス、アイランドジャーニーグアム、シティーリムジンが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

グアム・サイパン・リゾート旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る