お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アフリカ > ケニア > ナイロビ 詳細

ケニア&タンザニアの世界遺産・国立公園6泊7日縦断の旅-マサイマラ国立保護区・ナクル湖国立公園・セレンゲティ国立公園・ンゴロンゴロ自然保護区 by ホットホリデー

おすすめツアー / アドベンチャー / 自然

所要時間:6泊7日

ツアー概要
マサイマラ国立保護区、ナクル湖国立公園、セレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ自然保護区といったケニアとタンザニアのサファリを心ゆくまで堪能する6泊7日。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2016年08月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

ツアーの最初はマサイマラ国立保護区を訪れます。ナイロビから車で4~5時間の場所に位置し、隣国であるタンザニアのセレンゲティに隣接。野生動物の数の多さではケニア国内で一番です。ライオンやゾウ、水牛、ヒョウはもちろんキリンやシマウマ、川ではカバ、ワニにも会えるかも?迫力満点の野生動物を探しにサファリへと出かけます。
3日目にはリフト・バレー州にある湖、ナクル湖を中心とした、ナクル湖国立公園へと移動。1961年にナクル及びナクル湖周辺の地域に設立されたナクル湖国立公園は、数千から多いときで数百万のフラミンゴが巣作りをすることで知られ、公園周辺には、サバンナや森があり、フラミンゴ以外にも400種におよぶ野鳥や、キリン、サイ、ライオン、ヒョウなど多くの野生動物が生息しています。湖面がピンク色に染まる神秘的な光景をご堪能いただけるかもしれません。
4日目は1979年に自然遺産として世界遺産リストに登録されたンゴロンゴロ自然保護区へ移動!タンザニアの北部にある自然保護地域で、北西のセレンゲティ国立公園に隣接しています。
5日目はセレンゲティ国立公園に宿泊。1981年、ユネスコの世界遺産に登録され、アフリカで一番良く知られる国立公園の1つ。セレンゲティとはスワヒリ語で「果てしなく広がる平原」という意味だそう。約300万頭の様々な動物が生息しているが、セレンゲティを代表する動物は、なんといってもヌー!ヌーは、雨季と乾季で草原を求めケニア側のマサイマラ国立保護区へと1,500kmの移動を繰り返します。雨季となる12月から6月の間、地平線をヌーが埋め尽くす姿は壮観です。
6日目はンゴロンゴロ自然保護区へ戻り宿泊予定。
※学生料金適用条件
・参加資格:21歳以下の学生
・国際学生証 ISIC(International Student Identity Card)を必ず携帯していること。
・学生料金適用の場合、宿泊ホテルは通常の大人料金でのホテルのランクとは異なり、バジェットタイプとなります。
2名様以上でのお申し込みの場合、同室での利用料金となりますので、必ず同じ料金プランでお申し込みください。
またお部屋にこだわりのある方は、通常の大人料金のプランでお申し込みされることをおすすめ致します。
万が一上記条件にあてはまっていない場合や、ツアー参加当日国際学生証の提示が出来ないなどの場合には、当日大人料金との差額をお支払いいただくこととなりますのであらかじめご了承ください。
※大人5名様でお申し込みの場合、更に料金が割引となる場合もございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。
※また2名様以上でお申し込みのお客様でシングルルームをご希望の場合、追加料金で対応出来る場合もございます。

料金に含まれるもの

*ナイロビ市内主要ホテルの送迎 (朝6時~22時の間、深夜・早朝は別途追加料金要)
*英語ドライバーガイド代 (遠距離無線使用料込)
*6泊の宿泊代
*ミニバス(6名様まで窓際確約・エアコンなし)
※エアコンはありませんが、ポップアップルーフ付きですので外の景色をお楽しみいただいたり写真を撮ったりしていただけます。
*各朝食、昼食、夕食
*各国立公園入場料・車両通行料

注意事項

【ケニア/タンザニア入国について】
*ケニア&タンザニア入国には観光ビザが必要となります。(パスポート残存期間入国時6ヵ月以上必要、白紙が3ページ以上残っていること)
*ケニアのビザは2015年9月以降はケニア到着後に空港での取得ができなくなりました。オンラインでの取得が可能となりましたので、入国前に各自で事前にご用意ください。
*タンザニアに到着時、空港や国境でも取得可能なようですが(2013年3月現在の手数料 シングルエントリービザ 各国US$ 50 )手続きでの時間のロスや不要なトラブルを防ぐためにも念のため日本出発前に事前に取得されることをおすすめいたします。弊社ではビザに関しての一切の責任は負いかねます。ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがございますので、必ず大使館、領事館にて最新情報をご確認の上ご準備くださいますようお願い申し上げます。


*感染症について
1) 黄熱病
ケニアに入国する際に、唯一の予防接種義務は、黄熱病です。今でも流行している中南米諸国や、中部西部アフリカの黄熱リスク国から、ケニアに入国する1歳を超える旅行者に対する黄熱病の予防接種が必要となります。 また、ケニアは、WHOにより黄熱リスク国に指定されています(2008年2月現在)。そのため、ケニアからの訪問者に黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)を要求する国ありますので、経由地などによっては注意が必要です。日本からの経由地の場合、ヨーロッパ、中東など多くの国では必要とされていませんが、タイのバンコク経由の場合には、必要となりますので、ご注意ください。
日本から直接タンザニアに入国する場合、イエローカードは義務付けられていませんが、、ケニアなど黄熱病流行地域に滞在をして入国する場合、黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要です。
2) マラリア
ケニア、タンザニアには、マラリアを媒介するハマダラ蚊が生息しています。この蚊の活動時間は夕方のみですので、その時間帯には長袖を着用、虫除けスプレー、蚊取り線香などをご利用いただき、刺されるのを防止していただくのと同時に、抗マラリア薬の摂取を強くお勧めします。マラリアには、有効な予防接種はありません
上記はあくまで今現在の情報です。予告なく変更となる場合もございますので、最新情報につきましては随時下記大使館や厚生労働省等のサイトにてご確認いただき、お医者様とご相談の上、事前に必要な予防接種やお薬の準備をお願い致します。

*ナイロビまでの航空券は弊社ではお取り扱いしておりません。各航空会社や他の旅行会社などで各自ご購入ください。ナイロビ空港からホテルまでの送迎やナイロビでの前泊分のホテルの手配は承っておりますのでお問合せください。
*1台の車にはお客様7名までご乗車頂けます(窓際席は6席、7名が顔を出せるルーフハッチあり)。8名以上でお申込みの場合は2台以上の車に分かれての参加になります。
*貴重品を預けるところはございません、各自が責任を持って管理してください。
*履きなれたスニーカーを着用してください。
*蚊などに刺されないように長袖長ズボンをお勧めします。
*お申し込み人数によって料金が異なります。
お間違えのないようプランをご確認の上、必要人数分をお申し込みくださいませ。
プラン名記載の人数未満で申し込みされた場合は、正しい料金との差額を別途請求させて頂きます。

ツアーのお問い合わせ先

ホットホリデー株式会社

このツアーの運営・予約は[ホットホリデー株式会社]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ホットホリデー株式会社]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、株式会社フィンコ-ポレ-ション、ツアーアメリカ、(株)アイラブソウルツアー、H.I.S. International Tours Inc.、 株式会社マザーエンタテイメント、サルーンカーツーリスト、桂林市天元国際旅行社有限公司、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、エグザクト・ツアー、Tropical Island Marine Sports、PTNトラベル、ホロカイ・カヤック&シュノーケル・アドベンチャーズ、大平原トラベル、Diving outlet Co.,Ltd、ブルーウェーブツアー、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、アエヴァツアーズ、B.E.N.,INC.、さくらリムジン、HOLOHOLO ISLAND TOURS LLC、IOG TOUR、Jmax New York,Inc、アプラダイブマリン、セイロンサニ―ホリデイズ、Carp Streamer, Inc.、YSリムジンが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

旅のおともグッズ

アフリカ旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る