お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > フィリピン > セブ 詳細

アイランドホッピング パンダノン島 + 体験ダイビング by ジェイアール エクスプレス

貸切&チャーター / ダイビング&シュノーケリング / ウォータースポーツ

所要時間:約14時間

ツアー概要
人気の定番アクティビティ『アイランドホッピング』と『体験ダイビング』が1日で両方楽しめる、お得なパックです。
海中からビーチまで、セブの海を思いっきり堪能出来ちゃいます♪

まずは、セブの海中を楽しむダイビング。
日本人経営のダイブショップだから、講習まで日本語で安心です。
ダイビングを楽...

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年08月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

【ツアースケジュール】
8:00 ホテルへお迎え
8:30 ダイビングショップ到着
8:45 講習 その後ダイビングへ
10:30 パンダノン島へ 出発
12:00 島にてランチ ビーチやコテージで南の島を満喫
14:30 パンダノン島出発
16:00 桟橋到着 ホテルへ
まるごとパックの場合ここから22時までご自由に車とガイドをご利用頂けます。

料金に含まれるもの

体験ダイビング(ボートダイブ1本)、機材代、アイランドホッピング、スノーケルセット、パンダノン島の入場料、ランチ、お飲み物(ビール3本、水3本、スプライト&コーラ 各1本/お一人様あたり)ホテル往復送迎、(まるごとパックの場合)22時までの車の利用料

注意事項

※セブ市内にご宿泊でツアーのみをお申し込みの場合、追加の往復送迎費が発生します。
※プルクラなどセブ市街地にご宿泊の場合、追加の送迎料金が発生します。
・年齢が満10歳以上の方
・体験ダイビング終了時から飛行機搭乗までに18時間以上の時間が空けられる方
・PADI病歴/診断書に問題の無い方、既往症(特に、循環器系、耳鼻科系、重度の糖尿病)の有無、現在服用中の薬のある方は事前にお知らせ下さい。
・体験ダイビングの注意事項 未成年者は保護者の同意が必要です
・魚の保護区でのダイビングをご希望の場合、追加料金PHP500
・魚の保護区で水中カメラをご利用の場合、カメラの持ち込み料として追加料金PHP300が発生する場合が御座います。
・ツアー当日の天候や海況によって、行き先の島が変更になる場合が御座います。

ツアーのお問い合わせ先

ジェイアール エクスプレス

このツアーの運営・予約は[ジェイアール エクスプレス]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[ジェイアール エクスプレス]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社、F.T.S. TURISMO LTDAが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(298)

ベトナム(282)

インドネシア(264)

韓国(224)

マレーシア(178)

中国(170)

カンボジア(157)

台湾(157)

香港(139)

フィリピン(108)

シンガポール(108)

ミャンマー(77)

ラオス(46)

マカオ(43)

スリランカ(30)

インド(23)

ブータン(6)

バングラデシュ(3)

ブルネイ(3)

イギリス領インド洋地域(1)

オセアニア アメリカ・カナダ ハワイ アジア ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る