お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > ヨーロッパ > スペイン > マドリード 詳細

【催行日限定】 マドリッドからコルドバ観光をしてグラナダへ マドリッドからコルドバは高速列車 AVE利用 by みゅう

観光全般 / 芸術&文化 / 市内観光

所要時間:約9時間

ツアー概要
マドリッドからグラナダまで移動しながら観光も楽しめるスペシャルツアー。日本語ガイドと共に世界遺産コルドバの「メスキータ」を観光、昼食は名物の「オックステールシチュー」です。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2018年03月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

マドリッドからグラナダまで移動しながら観光も楽しめるスペシャルツアー。日本語ガイドと共に世界遺産コルドバの「メスキータ」を観光、昼食は名物の「オックステールシチュー」です。

料金に含まれるもの

*詳しくはこの先の商品詳細ページをご覧ください。

注意事項

※ツアーでは[みゅう]プチ旅のお客様と一緒となります。※最少催行人数に満たない場合や天候その他の現地事情により、料金・実施日・内容・スケジュールなどが変更や中止になることがあります。※満席に達した場合等、ご希望日にご参加いただけない場合があります。※天災、ストライキ、戦乱、政変、災害、地変やその他の不可抗力の理由により、ご旅行中の安全の確保が困難と当社が判断した場合、ご予約確定後であっても当該サービスを中止する場合があります。※記載している所要時間及びスケジュールは目安です。現地交通状況や現地事情によって変更が生じる場合がございます。※ストライキや国家行事等による博物館・美術館、歴史的建造物の急な閉館、予約必須の観光箇所の予約が不可の場合は、ツアーを不催行もしくは代替箇所へのご案内となる場合があります。※移動に伴うバス、ガイド(アシスタント)代、入場料、食事代、チップが料金に含まれます。その他の個人的費用、集合場所まで及び解散場所からの交通費等、表記に無いものは料金に含まれません。

ツアーのお問い合わせ先

株式会社ミキ・ツーリスト

このツアーの運営・予約は[株式会社ミキ・ツーリスト]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[株式会社ミキ・ツーリスト]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、桂林市天元国際旅行社有限公司、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、Jmax New York,Inc、セイロンサニ―ホリデイズ、H.I.S. Holdings Europe(H.I.S.Travel Nederland B.V.)、株式会社Voyagin、佳品旅行社が提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

ヨーロッパ

イタリア(169)

フランス(142)

イギリス(126)

スペイン(88)

クロアチア(74)

オーストリア(65)

チェコ(62)

ドイツ(58)

スイス(55)

ハンガリー(22)

アイスランド(21)

フィンランド(20)

オランダ(20)

ポルトガル(18)

ギリシャ(17)

デンマーク(15)

ルーマニア(14)

スロバキア(10)

ノルウェー(8)

ロシア(8)

アイルランド(8)

ラトビア(6)

ポーランド(6)

リトアニア(6)

ベルギー(4)

スロベニア(4)

スウェーデン(3)

ブルガリア(3)

エストニア(3)

マルタ(1)

オセアニア アメリカ・カナダ アジア ハワイ ヨーロッパ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

ヨーロッパ旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る