お気に入り
閲覧履歴
現地ツアー > アジア > 台湾 > 台北 詳細

ノスタルジック九ふん<午後発>マジックアワーライナー by JTB

周遊観光 / 歴史 / 芸術&文化

所要時間:約五時間

ツアー概要
台湾に来たら必ず訪れたい町、九ふん。「昼から夕刻へ移り変わる景色を見たい」「もっとゆっくりしたかった」というお客様の声から、午後のコースは「マジックアワーライナー」として生まれ変わりました!滞在時間約3時間。昼から夕刻、夜へと移り変わる景色を余すことなく存分に眺め、お買い物や観光、お茶もゆっくり楽し...

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

※このページの情報は、2017年06月現在のものです。
ツアーの催行状況・内容・料金など最新情報は、上記ボタンをクリックしてご確認ください。

※検索されるお日にち(例: 間際のご予約やツアー不催行日など)によっては、ご希望のツアーをご予約いただけない場合もございます。予めご了承ください。

ツアー詳細

九ふんでは、季節や店舗の都合、町の込み具合で18時頃には店じまいを始める店舗が少なくありません。16時頃には九ふんへ到着するこのコースなら、お買い物や観光を楽しんでから、暮れていく町を眺めてお茶を飲むこともできます。リピーターの方にもお勧めです。※夏季は日没が19:00頃になるため、夜景はご覧になれない場合もございます。夏季に完全な夜景をご希望の方は、<夕刻>イブニングライナーにお申込下さい。

料金に含まれるもの

送迎サービス、日本語ガイド※夏季は日没が19:00頃になるため、夜景はご覧になれない場合もございます。夏季に完全な夜景をご希望の方は、<夕刻>イブニングライナーにお申込下さい。

注意事項

【九ふんで快適に過ごすためのヒント】1.歩きやすい靴で!九ふんの写真撮影スポットとしても有名な長い階段は、100段近くあります。履き慣れた、歩きやすい靴でのご参加をお勧めします。2.雨具のご用意を!台北市内よりも雨の確率が高い九ふん。現地でも雨具は購入できますが、折り畳み傘や雨合羽などを携帯しておくと便利です。3.市内よりも気温はやや低めなのでご注意を。台北市内よりも湿度が高く、気温もやや低めです。長袖シャツや、軽く羽織るものを一枚準備しておくと安心です。

ツアーのお問い合わせ先

株式会社ジェイティービー

このツアーの運営・予約は[株式会社ジェイティービー]で行われています。お申し込みについては、リンク先の[株式会社ジェイティービー]ウェブサイトに掲載されている「予約条件」をご一読ください。
※掲載されている写真はすべてイメージです。

ツアー内容の詳細・料金確認・予約する

あわせて確認したい現地ツアー

当サイトは、株式会社ミキ・ツーリスト、ホットホリデー株式会社、株式会社ジェイティービー、Guide to Iceland ehf.、株式会社フィンコ-ポレ-ション、ツアーアメリカ、H.I.S. International Tours Inc.、 株式会社マザーエンタテイメント、サルーンカーツーリスト、VENICE ITALY TRAVEL S.R.L.、エグザクト・ツアー、PTNトラベル、Diving outlet Co.,Ltd、ジェイアール エクスプレス、Panda Travel Agency Ltd、アエヴァツアーズ、HOLOHOLO ISLAND TOURS LLC、Jmax New York,Inc、アプラダイブマリン、セイロンサニ―ホリデイズ、Carp Streamer, Inc.、上海旅悟空国际旅行社有限公司、ワールドコンパス、アイランドジャーニーグアム、シティーリムジンが提供するオプショナルツアー情報を掲載しています。オプショナルツアーの予約手配は当サイトからリンクする旅行会社のサイトで行います。またリンク先でのご予約が完了できない場合、各販売元の旅行会社へお問い合わせください。

エリアから探す

アジア

タイ(290)

ベトナム(271)

韓国(265)

マレーシア(165)

インドネシア(160)

中国(158)

カンボジア(151)

台湾(122)

シンガポール(104)

香港(103)

フィリピン(88)

ミャンマー(62)

ラオス(48)

スリランカ(29)

マカオ(18)

インド(18)

ブルネイ(2)

オセアニア アメリカ・カナダ ヨーロッパ アジア ハワイ グアム・サイパン・リゾート 中東 中南米 アフリカ

COyY

おすすめ特集

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

マルチカレンシーな海外プリペイドカードを活用しよう!

旅のおともグッズ

アジア旅行 地球の歩き方トラベルニュース


TOPへ戻る